CMでよく見る三菱東京UFJ銀行のニーサ

CMで三菱東京UFJ銀行のニーサなどを良く見かけるかもしれませんね。
三菱東京UFJ銀行でも勿論ニーサ口座は取り扱っており、2013年8月現在は最大で2000円を貰うことが出来るキャンペーンを行っています。

 

CMで三菱東京UFJ銀行のニーサキャンペーン

 

平成25年7月1日から9月30日までの間に、ニーサ口座の申込で500円のプレゼントがあり、さらに平成26年1月6日から3月31日までの間に、ニーサ口座から株式投資信託を購入することで1500円のプレゼントがあります。あわせて2000円のプレゼントになります。

 

三菱東京UFJ銀行では、基本的に投資対象として投資信託を選択することになります。

 

投資信託とは、利用者から集めた資金を投資信託とよばれるファンドに運用を委託し、そのファンドが株式、債権、不動産などの投資対象に投資をした結果、利益が出た分を分配して戻してくれる投資商品のことです。つまり、自分で株式投資をするのではなく専門家に運用を任せてしまって、利益を得る方法のことで投資のことは難しくて解らないと言った人には最適だと言えるでしょう。

 

ニーサとは

 

最近CMでよく見かけるニーサと言う言葉。このニーサとはいったいどんな意味なのでしょうか。
ニーサとは正式にはNISAと書きます。元はイギリスで行われていた税制の優遇措置のことで、イギリス版はISAと言います。これにニッポンの頭文字Nをつけて、NISAとなっています。

 

NISAとは、少額投資における非課税措置のことで、年間100万円を上限として、新規投資における配当金や譲渡益が非課税になります。

 

現在でも税制の優遇措置は取られており、本来なら20%かかるのですが、10%の税金がかかっています。この税金がNISAとは口座からの取引の場合、非課税、つまり税金がかからなくなりますので、少額投資がさらに一般的になるのではないかと言われています。

 

NISAの恩恵を受けるには、銀行や証券会社でNISA用の口座を開設しないといけません。現在のところ、一人につき1口座まで、口座を開設してしまうと4年間変更することが出来ませんので、自分が行いたい投資をしている金融機関で口座を作るようにして下さい。

三菱東京UFJ銀行のNISA口座開設 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資関連ページ

NISA口座開設の予約
NISA口座開設の予約 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
銀行でのNISA口座開設
銀行でNISAの口座開設をするときの注意点 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
証券会社・ネット証券でのNISA口座開設
証券会社・ネット証券でのNISA口座開設 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
SBI証券のNISA口座開設
SBI証券のNISA口座開設 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
マネックス証券のNISA口座開設
マネックス証券のNISA口座開設 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
楽天証券のNISA口座開設
楽天証券のNISA口座開設 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資