NISA制度が始まる前に作ったサイトです。現在は制度が変わりNISAの非課税枠は年120万円、利用できる上限は600万円、金融機関変更も年1回可能になっています。当サイトは情報が古い部分があるためドメイン期限が切れたら削除予定です。

日本版ISA口座開設の予約申し込み

日本版ISAでは原則として一人で開設することのできる口座がひとつだけなので、ひとつの金融機関を選ばなければなりません。
ISA口座は証券会社でも銀行でも開設することが可能ですが、自分自身がどのような商品を選んで投資したいのかをよく考えて口座開設をする必要があります。

 

日本版ISAが実施されるのは2014年1月からですが、それに先立って2013年10月から、各金融機関において口座開設の受け付けが開始される予定です。一度開設した口座は4年間は利用しなければならず、他の金融機関に変更することはできない為、ここでいかに顧客を獲得するかが勝負にもなり、既に獲得競争は始まっています。

 

よく見定めて自分に最適な証券会社を選ぶ

 

各証券会社では日本版ISAについての資料を作成して顧客に送るなど、着々と準備をしています。各社のパンフレットを見比べたり、ISAではない通常の口座で取引をしてみるなどして、使い勝手やどのような商品が取り扱われるのかをよく見定めて自分に最適な証券会社を選ぶようにしましょう。

 

一人につき一口座に限ると言う事は、証券会社にとっても大変な競争を強いられる事になりますが、利用する側にとっては希望する商品を取り扱っていない証券会社に口座を開設しても仕方がありません。

 

日本版ISAによってせっかく非課税の恩恵を受ける事が出来るのですから、証券会社は自分に合った良い証券会社を選ぶ事が賢明です。

 

参考:

マネックス証券のNISA口座

SBI証券のNISA口座

楽天証券のNISA口座

 

証券会社は自分に合った良い証券会社を選ぶ事が賢明

 

そう言う意味では、ネット証券が選択肢として有力です。また、激しい競争を勝ち抜く為に、それぞれがキャンペーンを展開するであろう事も期待されますのでキャンペーン情報もチェックしておくとよいかもしれませんね。

 

ISAの実施に向けてセミナー等を開催している証券会社もありますから、積極的に利用しながら投資への準備をしておくと良いでしょう。

 

ネット証券でのNISA口座開設の手順

 

ネット証券でNISAの口座開設をする場合は、2つのステップがあります。まず、通常の口座開設を申込み、NISA口座ではなく普通の口座開設を完了させます。その後、ログインをしてNISAの口座開設を申し込みます。

 

ネット証券でのNISA口座開設の手順

  1. 通常口座の口座開設をする
  2. ログインしてNISAの口座開設を申し込む

 

NISAの口座は一人一口座しか持てませんが、通常の口座は複数のネット証券に持つことができます。1つしか持てないNISAの口座開設前にまずは通常口座で色々なネット証券の使い勝手などを試してしっかりと選ぶとNISAの口座開設で後悔することもないと思います。

 

>> 通常口座の口座開設手順はこちら(図解・株入門外部サイト)

証券会社・ネット証券でのNISA口座開設 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資関連ページ

NISA口座開設の予約
NISA口座開設の予約 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
銀行でのNISA口座開設
銀行でNISAの口座開設をするときの注意点 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
SBI証券のNISA口座開設
SBI証券のNISA口座開設 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
マネックス証券のNISA口座開設
マネックス証券のNISA口座開設 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
楽天証券のNISA口座開設
楽天証券のNISA口座開設 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
三菱東京UFJ銀行のNISA
三菱東京UFJ銀行のNISA口座開設 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資