銀行瀬日本版ISAの口座開設をするときの注意

日本版ISAがいよいよ2014年1月から実施される事になり、非課税の恩恵に期待している個人投資家も多くいるようです。日本版ISAの非課税枠を利用した投資をする為には、専門のISA口座を銀行か証券会社に開設します。

 

これまで証券会社に口座を開設していた場合でも、ISAの非課税枠を使う場合は新たにその証券会社でISAの口座を開設する事になります。銀行を利用して投資する場合にも同様に、新しいISA口座を開設しなければなりません。

 

どの銀行(証券会社)で口座開設をするか1つに絞る

 

ISA口座が一般の銀行口座や証券口座と異なるのは、今度の制度では一人が一つの口座しか開設する事が出来ないと言う点です。複数の銀行や証券会社で幾つもの口座を持つ事が出来ない為、銀行にするのか証券会社にするのか、銀行ならばどの銀行が良いのかも慎重に選ぶ必要があります。

 

一旦口座を作ってしまうと、その口座で向こう4年間は運用しなければならない為、投資したい商品を取り扱っている銀行を慎重に選ばなくてはなりません。

 

ISA口座は2013年10月から開設の受け付けが開始される予定なので、それまでにじっくりと各銀行が作成したパンフレットやウェブサイトを見ながら比較検討すると良いでしょう。

 

銀行からISA口座開設の案内資料がユーザーに送られる等の準備も始まっているようです。また、各銀行のサイトでは日本版ISAについて開設のページを設けていますので、読み比べてみれば、自分が口座を作る上で相応しい銀行を知る事も出来ます。

 

また銀行では主に投資信託の取引となりますが、投資信託だけでなく株式の取引も将来する可能性がある場合は証券会社でISA口座を開設しましょう。証券会社なら、投資信託も株式も取引できます。ISA口座は1人1口座しか持てず、作った後は4年間は変更もできないのでよく考えて口座開設をすることをおすすめします。

 

ネット証券なら口座開設も無料で口座維持費などもかからないため、まずはNISA口座の前に通常の口座開設をして使い勝手を試して銀行と比較してみてはいかがでしょうか?

 

>> 証券会社・ネット証券でのNISA口座開設へ

銀行でNISAの口座開設をするときの注意点 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資関連ページ

NISA口座開設の予約
NISA口座開設の予約 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
証券会社・ネット証券でのNISA口座開設
証券会社・ネット証券でのNISA口座開設 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
SBI証券のNISA口座開設
SBI証券のNISA口座開設 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
マネックス証券のNISA口座開設
マネックス証券のNISA口座開設 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
楽天証券のNISA口座開設
楽天証券のNISA口座開設 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
三菱東京UFJ銀行のNISA
三菱東京UFJ銀行のNISA口座開設 / 日本版ISAの口座開設方法 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資