NISA制度が始まる前に作ったサイトです。現在は制度が変わりNISAの非課税枠は年120万円、利用できる上限は600万円、金融機関変更も年1回可能になっています。当サイトは情報が古い部分があるためドメイン期限が切れたら削除予定です。

日本版ISAの特徴

2014年から、日本版ISAが実施されます。節税の為には大切な制度ですから、現在投資をしている人もこれから投資を始めようとする人も、事前によく研究して備えておけば、すぐに対応する事が出来ます。

 

日本版ISAの最大の特徴は、毎年100万円までの非課税枠が設定されている事です。この非課税は、投資した金額について適用されるものである為、ここからどれだけの運用益が出ても非課税になります。

 

つまり、元本100万円で出した利益が10万円でも、利益が100万円でも、利益が200万円でも税金はかからないということです。

 

ただ、運用益を利用して新たに投資をする場合には、課税対象となります。この100万円の非課税枠は、毎年新たに利用する事が出来ますが、繰越はできません。毎年100万円で、利用できる期間は5年間となっていて、その間に売却した場合には、非課税枠を再利用する事は出来ません。最大で500万円までの投資総額に、適用する事が出来ます。

 

ただし、5年間が終了した後であっても翌年の100万円の非課税枠を利用すれば、継続して保有する事が可能です。

 

日本版ISAを利用できる人は?

 

日本版ISAを利用する事が出来るのは20歳以上の方に限られ、現時点では2014年から2023年までの10年間、継続して実施される事になっています。

 

日本版ISAの非課税投資枠を利用する為には、証券会社に非課税投資枠を持ったISAの口座を開設する必要があります。また、このISA口座は1人1口座しか持つことができません。一度ISA口座を開設すると、2018年まで金融機関を替えることができないため、最初にどこで開設するかがとても重要です。

 

日本版ISAは富裕層やベテラン投資家の人よりもむしろ初めて投資をする初心者の方、リスクの少ない投資や小額の投資をしたい人の入門に適していると言われています。実施に備えて2013年の秋頃から各証券会社では準備を進める見込みですが、すでに資料請求の受付をしている証券会社も多いので準備をしておくと良いでしょう。

日本版ISAの制度や特徴 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資関連ページ

メリットとデメリット
日本版ISAのメリットとデメリット / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
日本版ISAは税金が非課税
日本版ISAは税金が非課税 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
日本版ISAの関連セミナー
日本版ISAの関連セミナー / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
NISA口座はいつから使える?
NISA口座はいつから使える? / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
利益が出たときどのくらいお得?
利益が出たときどのくらいお得? / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
英国では4割がISAを利用している
英国では4割がISAを利用している / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
CMでよく見るNISAとは?
CMでよく見るNISAとは? / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資