NISA制度が始まる前に作ったサイトです。現在は制度が変わりNISAの非課税枠は年120万円、利用できる上限は600万円、金融機関変更も年1回可能になっています。当サイトは情報が古い部分があるためドメイン期限が切れたら削除予定です。

利益が出たとき日本版ISA(NISA)だとどのくらい得なのか?

2013年現在は、投資によってこれらの利益が出た場合には、本来であれば20%の税金が課されるところを10%にする軽減税率が適用されています。この制度は2013年末で終了し、それに代わって登場するものが日本版ISA(ニーサ)の制度です。

 

年間で100万円までの投資に対して値上がり益や売却譲渡益、分配金、配当等の利益に税金が課されないと言う物です。例えば100万円の投資に対して50万円の利益があって150万円になっても、全て非課税となります。

 

通常なら50万円の利益には20%の税金がかかるので、10万円の税金が引かれ、手元に残るのは40万円です。
NISAなら税金がかからないので、50万円まるまる手元に残ります。

 

ニーサ(NISA)の非課税の制度を利用するには

 

この非課税での投資をする為には、銀行や証券会社にNISA口座を開設しなければなりません。2014年からは一般口座や特定口座を利用して投資した場合には、得られた利益に対して20%の税金がかかります。

 

日本版ISAでは、1年間に100万円までの投資が非課税対象になり、5年間にわたってその恩恵を受ける事が出来ます。そして、最大で500万円までの投資が非課税の対象となります。

 

この100万円、500万円と言う数字は投資額を指します。

 

日本版ISAでは、利益が大きければ大きいだけ受ける恩恵も大きくなり、多く得をする事になります。また、5年間が経過した場合には、また翌年の100万円の非課税枠を使用する事が出来る為、引き続き非課税の恩恵を受ける事が出来ます。

 

ただし、年内に一度売却をした枠は消滅したとして、その金額を再び非課税枠にする事は出来ません。そして、100万円を超えた分の投資は対象外であり、また現在運用している特定口座や一般口座からISA口座への移し替えは不可能です。

利益が出たときどのくらいお得? / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資関連ページ

日本版ISAの制度や特徴
日本版ISAの制度や特徴 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
メリットとデメリット
日本版ISAのメリットとデメリット / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
日本版ISAは税金が非課税
日本版ISAは税金が非課税 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
日本版ISAの関連セミナー
日本版ISAの関連セミナー / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
NISA口座はいつから使える?
NISA口座はいつから使える? / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
英国では4割がISAを利用している
英国では4割がISAを利用している / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
CMでよく見るNISAとは?
CMでよく見るNISAとは? / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資