NISAのCMをよく見るけどニーサって何?

近年では、老後の資産形成が良く問題視されています。公的な年金制度の問題もあり、国に頼ってばかりはいられないと言うような現状に対して、個人投資が見直されてきています。

 

そんな中で、CMで良く見かけるようになったニーサがあります。

 

このニーサとはいったいどんなものなのかと言いますと、少額投資における非課税制度のことです。平成26年の1月からスタートすることになる制度のことで、正式にはNISAと書きます。ちなみにNISAはイギリスで行われている制度を手本としており、イギリスではISAと言う制度です。頭文字のNはNIPPONのNとなります。

 

通常は、株式投資や投資信託などから得ることが出来た配当や譲渡益と言うのは、所得税や地方税の課税対象となっていました。ところが、NISAが導入されることによって、毎年100万円を上限としている新規投資商品の購入分を対象にして、その配当や譲渡益などを最長で5年間もの間、非課税にしてくれるのです。

 

NISAの概要としては、制度の対象となるのは20歳以上の日本国内在住者となっており、非課税対象となるのは、上場株式などを初めとした公募による投資信託の配当や譲渡益です。非課税となる投資枠に関しては、新規の投資額で年間100万円が上限であるとされており、最大で500万円までとなっています。

 

非課税期間は、最長で5年間で、期間終了後には新たな非課税枠へ移行することで継続的な保有も可能だとされています。

 

NISAによる投資可能期間は平成26年から平成35年までの10年間となっており、口座開設数は一人につき1口座までとなっています。

 

NISAにおける年間の投資額は100万円が上限とされているのですが、非課税になる配当や譲渡益に関しては上限が設けられていません。

 

NISAをうまく利用することで、最長で14年間にわたってNISA対象の口座は非課税とすることが出来ます。
NISA制度を利用するには、銀行や証券会社にNISAの口座を作る必要があります。NISA口座は一度作ってしまうと、4年間は別の金融機関に変更することが出来ないので注意して下さい。(詳細は口座開設方法のページを参照)

CMでよく見るNISAとは? / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資関連ページ

日本版ISAの制度や特徴
日本版ISAの制度や特徴 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
メリットとデメリット
日本版ISAのメリットとデメリット / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
日本版ISAは税金が非課税
日本版ISAは税金が非課税 / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
日本版ISAの関連セミナー
日本版ISAの関連セミナー / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
NISA口座はいつから使える?
NISA口座はいつから使える? / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
利益が出たときどのくらいお得?
利益が出たときどのくらいお得? / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資
英国では4割がISAを利用している
英国では4割がISAを利用している / 日本版ISA口座(ニーサ)で税金がかからない株式投資